エルグランデ刈谷寿

エルグランデ刈谷寿

MENU

SECURITY

STRUCTURE

一番大切に想う、
「家族」を守る防犯・防災装備。

セコムならではのマンションセキュリティ

概念図

セコムならではのマンションセキュリティ

セキュリティシステムはセコムと連携して、火災、ガス漏れ、各住戸の非常ボタンからの通報などを24時間体制で監視。コントロールセンターを電話回線によるオンラインで結んでいるので、どの住戸で何の異常が起きたのかを、コントロールセンターが詳細に把握することができます。異常発生時には、ご家庭へ直接電話して安全を確認すると同時に、緊急発進拠点から緊急対処スタッフが現場に急行。必要に応じて110番・119番・ガス会社などへ通報します。留守がちなご家庭やお子様だけの留守番時なども、信頼性の高いセコムセキュリティが、安心・安全な暮らしを見守り続けます。

防犯カメラ

エントランス・エレベーターの共用スペースには監視カメラを設置し、犯罪抑止効果を高めます。カメラの映像は一定期間保存し、万一の際に備えます。

参考写真

オートロックシステム & ラクセスキー

概念図

オートロックシステム & ラクセスキー

カラーモニター付オートロックシステムをメインエントランスに設置。来訪者は訪問先住戸の部屋番号を押し、住戸内の方と通話します。住戸内では来訪者をカラーモニターの画像・音声で確認後、住戸内からの操作でエントランスドアを解錠します。ラクセスキーを採用しているので、居住者の方は買い物などで荷物がたくさんある場合でもスムーズに入館できて便利です。

参考写真

ラクセスキー Raccess.

ラクセスキーをカバン等に携帯してラクセスリーダの検知範囲に入ると自動扉が解錠します。(ID認証)

  • 参考写真

    鎌デッド錠・
    防犯サムターン

    バールによるこじ開けに強い鎌デッドボルトを錠前に採用。さらに防犯サムターンで、外部からの工具によるサムターン回しができないようにしています。

  • 概念図概念図

    耐震玄関ドア枠

    ドアとドア枠の間にクリアランスを確保し、地震による枠の変形を吸収する耐震玄関ドア枠を採用。室内への閉じ込めを防止します。

  • 参考写真

    可動式ルーバー面格子

    室内に光や風は取り入れたいが人影が気になる等、プライバシーに関する問題点を解決する可動式ルーバー面格子を開放廊下側に採用。シーンに合わせてフレキシブルに対応できます。
    ※一部タイプ除く

  • 各住戸の玄関は
    ダブルロック

    各住戸の玄関ドアには、ピッキングによる解錠にも時間がかかるダブルロックを採用。侵入者に対しても心理的効果が高く、防犯性をさらに高めています。

  • 参考写真

    カラーモニター付
    インターホン

    自動録画・録音機能を搭載したカラーモニター付インターホンにより、来訪者をチェック。一部、監視カメラの画像をインターホン親機でも確認することができます。

  • 参考写真

    マグネットセンサー

    サッシの不正解錠を感知すると警報がなり外部へ知らせるマグネット式の防犯センサーを、玄関および開閉する窓(一部除く)に装備しています。

  • 参考写真

    フットライト

    住戸内の廊下には、フットライトを設置。通常は夜に足元を照らすライトですが、停電時等には懐中電灯として活用できます。

安全・快適な暮らしを築く
信頼構造。

断熱等性能等級4(最高レベル)

概念図

断熱等性能等級4(最高レベル)

断熱等性能等級とは、住宅の品質確保の促進等に関する法律に基づく評価方法基準第5の5-1断熱等性能等級に定められているもので、等級4は最高ランクです。

二重天井構造

概念図

二重天井構造

二重天井構造を採用。上下階へのプライバシーに配慮するとともに将来的にリフォームもしやすい構造です。

  • 参考写真

    耐力壁(戸境壁)・
    ダブル配筋

    耐力壁には、高い強度を得るためダブル配筋を採用し、耐久性を高めています。

  • 概念図

    溶接閉鎖型フープ筋

    柱のフープ筋の接続部を溶接してつないだ溶接閉鎖型フープ筋を採用。柱に粘り強さを与えることで、建物の耐震性を高めています。

  • 参考写真

    中空スラブ工法

    小梁を無くし、天井をフラットにする中空スラブ工法を採用。室内空間をすっきりと広く見せ、将来の間取り変更にも対応します。
    ※玄関と水廻り部分等は除きます。
    ※一部梁型のある住戸があります。

  • 遮音性に配慮した床・戸境壁

    床のコンクリート厚を最大300㎜、戸境壁の厚さ200〜300㎜の鉄筋コンクリートを採用し耐久性と遮音性を高め、隣接住戸相互のプライバシーに配慮しています。

  • 参考写真

    防音サッシ

    遮音性の高い防音サッシT-2等級(物音を約30dbカット)を採用。外部からの騒音をやわらげ、また室内の生活音を漏れにくくすることで遮音やプライバシーに配慮しています。
    ※サッシの遮音等級は、メーカー表示の性能を示しており、実際の室内値として保証するものではりません。

  • 参考写真

    Low-E複層ガラス

    特殊金属膜を採用したLow-E複層ガラスを全ての居室窓に採用。断熱性に優れ冷暖房効果も高く、さらに結露抑制効果も発揮。年間を通じて心地良い室内を維持します。

  • 参考写真

    外部面の断熱

    外壁となる躯体の内壁に厚さ20mmの断熱材を使用することにより、冷暖房効率を高めています。

  • 参考写真

    最上階・最下階の断熱

    屋上には最上階住戸の温度上昇を低減するため外断熱工法を、最下階の床スラブ下には断熱材を設け、断熱性能を向上させています。

  • 参考写真

    住宅性能表示制度

    国土交通大臣によって定められた住宅性能に関する項目を第三者機関が客観的かつ公平に評価・判定する住宅性能表示制度。本物件では、この設計住宅性能評価書を取得(建設住宅性能評価書は取得予定)。確かで信頼性の高い基本性能を備えた住まいを目指しています。

資料請求

来場予約